人気ブログランキング |

おもしろいもの、いろいろ
by f_s_x
カテゴリ
全体
写真
カメラ・レンズ
赤外写真
デジタル画像
コンピューター
電気・電子



天文
ダム
橋・水門

狛犬・稲荷・盃状穴
動植物
廃キング
レトロ探訪
その他
未分類
リンク
お気に入りブログ
風景のある生活
USS.SHONAN
flarist
日々是平凡(or あれも...
真四角の窓から見た世界
カルイオモイ ~phot...
coolys creek...
バシャコン!アルバム
M k Cool Pic...
日々思うこと~幸せの部品
空っぽの時間
光と共に… Это мо...
ブリキの箱
In The Soup
まぁいいか、とものぐさの日々
Paper crip
答えの無い写真
ふろどうらく
All those......
まぁいいか、とものぐさの...
明暮日の茶ばしら
もやっと&ノラ
視神経的写真術
14番目の月
最新のコメント
ありがとうございます。全..
by D54 at 02:48
どうもです~。 あまり..
by f_s_x at 18:47
おお、かほりますね。 ..
by afuroyan at 21:55
今年もよろしくおねがいし..
by f_s_x at 08:57
Max:39.36って、..
by afuroyan at 20:49
デジカメが有利なのは、無..
by f_s_x at 19:36
流星写真ってのは難しいの..
by あり at 16:25
通常の日本製の家電なら、..
by f_s_x at 10:46
>まずはArduinoを..
by afuroyan at 20:25
秋の長雨で、キノコが元..
by FSX at 20:23
最新のトラックバック
ミルフィーユ・カラコ
from coolys creek
belomo/belomo
from なるほどキーワード
belomo/belomo
from なるほどキーワード
21世紀星空早見ガイド―..
from 双眼鏡のニコンとケンコーとビ..
鎌倉で赤外撮影
from 赤外線の彩り~α100で赤外..
慶びの日
from 日々思うこと~幸せの部品
After the ty..
from カルイオモイ ~photog..
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

年間の温度変化

c0026142_12082866.png




.
by f_s_x | 2018-12-31 12:08 | コンピューター | Comments(2)

ATtiny13Aで赤外線リモコンを作った

 ブレッドボードに組んだリモコンが動作したので、基板に実装する。
ちなみにブレッドボードに組む前に、Fritzingというソフトを使うと、PC上でブレッドボードに組むことができる。これが結構便利で、回路図やプリント基板の設計もできるし、それぞれ配線状態が連動するので、配線の忘れや間違いをかなり防ぐ事ができる。またプリント基板を作らない場合でも、ユニバーサル基板に組む際の部品配置を検討できる。
 せっかくなら小さく作ってみようと、手元にあった小さい基板の切れ端にICソケットやスイッチ等を並べてみると、ちょうど収まりそうな感じ。
 でも組み立てていくうちに、LEDを駆動するトランジスタや抵抗が収まりきれない!
 仕方なく表面実装のトランジスタと抵抗も使うことにする。トランジスタは2SC1815互換の2SC2712。電池はCR2032を使うようにして、こんな感じにできました。
c0026142_16524750.jpg

 CPUのスリープはパワーダウンモードにしたので、使っていない時の消費電流は非常に僅か。うちの安いデジタルテスターでは正確に測れない。0.2μA位か。



.

by f_s_x | 2018-12-15 18:04 | コンピューター | Comments(0)

双子座流星群

c0026142_10361718.jpg
左下の、スバルの下。少し雲に遮られた…。
古いMIR-20の開放だから収差が大きい。

α7 MIR-20 20mm F3.5 ISO1000 15s トリミング&補正




.
by f_s_x | 2018-12-14 21:42 | 天文 | Comments(2)

ATtiny13Aで赤外線リモコンを作る

 今年の夏、扇風機のリモコンの調子が悪くなった。
操作はリモコン専用でメーカーも不明!ネットで型番検索しても見当たらない。
リモコンを分解しても、ほぼスイッチを形成する基板上にセラロックと専用ICのみ。
スイッチを覆う表面のシートも痛んできているので、無理に修理するより新たにリモコンを作ることにした。

 まずはArduinoを使ってリモコンデータを読み出してみる。
ところが、赤外線のフォーマットはNECでもAEHAでもSonyでもない!
ただ、パターンはちょっと似たところがあるようだ。
 全部のボタンのパターンを解析して、一応フォーマットのパターンは特定できた。

 そしてリモコンを作る。とりあえず最初はONとOFFだけにして簡単に作って試せるように、8ピンのAVRで組んでみる。こちらを参考にして、ATtiny13AでもPWMを使って割と簡単に実現できそう。
 ブレッドボードに組んで、送信データをこの扇風機用に書き換え実装してみる。電源は元のリモコン同様に単4乾電池2本、赤外LEDは一つにして、スリープはパワーダウンにアレンジして電池の持ちを考慮。

 最初は動作しなかったが、正確なリモコンデータのタイミングは解からないので、現物合わせで調整すと、扇風機が反応するようになった。

 実際には8つのボタンで強弱や首振り,タイマー等もあるので、全部を実現するには
ロジックICの74HC148等でボタン入力をエンコードするか(外部ICの追加が必要)、
抵抗で分圧した電圧をADCで読みボタンの種類を判別するか(スリープ復帰可能?)、
もっとピン数の多いAVRを使うか(これが現実的かも)、
考え中。


by f_s_x | 2018-12-08 10:21 | コンピューター | Comments(2)

紅葉

c0026142_09260935.jpg
c0026142_09261304.jpg




.
by f_s_x | 2018-12-01 09:26 | 写真 | Comments(0)