おもしろいもの、いろいろ
by f_s_x
カテゴリ
全体
写真
カメラ・レンズ
赤外写真
デジタル画像
コンピューター
電気・電子



天文
ダム
橋・水門

狛犬・稲荷・盃状穴
動植物
廃キング
その他
未分類
リンク
お気に入りブログ
風景のある生活
USS.SHONAN
flarist
日々是平凡(or あれも...
真四角の窓から見た世界
カルイオモイ ~phot...
coolys creek...
ひょうたん*カメラ。
バシャコン!アルバム
M k Cool Pic...
日々思うこと~幸せの部品
空っぽの時間
光と共に… Это мо...
ブリキの箱
In The Soup
まぁいいか、とものぐさの日々
Paper crip
答えの無い写真
ふろどうらく
All those......
まぁいいか、とものぐさの...
明暮日の茶ばしら
もやっと&ノラ
視神経的写真術
14番目の月
最新のコメント
秋の長雨で、キノコが元..
by FSX at 20:23
確かに立派w
by あり at 18:53
あ゛あ゛あ゛・・・ 立..
by afuroyan at 15:44
どうもです~。 アスフ..
by f_s_x at 19:04
すごい ニョキニョキです..
by afuroyan at 08:22
少し薄雲がありましたが、..
by FSX at 20:12
今回は皆既時間が長ったで..
by afuroyan at 12:48
今年もよろしくお願いしま..
by FSX at 20:29
大小にかかわらず、シルエ..
by afuroyan at 12:18
体や尻尾に縞模様を表す彫..
by f_s_x at 12:24
最新のトラックバック
ミルフィーユ・カラコ
from coolys creek
belomo/belomo
from なるほどキーワード
belomo/belomo
from なるほどキーワード
21世紀星空早見ガイド―..
from 双眼鏡のニコンとケンコーとビ..
鎌倉で赤外撮影
from 赤外線の彩り~α100で赤外..
慶びの日
from 日々思うこと~幸せの部品
After the ty..
from カルイオモイ ~photog..
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

狛犬と盃状穴

富士浅間神社@群馬県藤岡市藤岡
c0026142_12205902.jpg
c0026142_12210176.jpg
c0026142_12210983.jpg




.
[PR]
by f_s_x | 2017-12-31 12:21 | 狛犬・稲荷・盃状穴 | Comments(0)

狛虎

諏訪神社@群馬県藤岡市本郷
c0026142_18514371.jpg
c0026142_18514599.jpg




.
[PR]
by f_s_x | 2017-12-24 18:52 | 狛犬・稲荷・盃状穴 | Comments(2)

USB温度計の測定値をサーバーでグラフ表示する

 これまでに作ったUSB温度計を用いて、一定時間ごとに測定した値をサーバーで記録し、気温の変化をグラフ化して表示するのが最終目標だ。
 よくある例だと、マイコン側で一定間隔で温度センサーを測定しPCへと垂れ流すというのが思いつくが、DigisparkにはRTCを積んでいないので、正確な時間単位で計測するのが難しい(長期的な温度変化を見るためそれほどシビアな時間は必要ないが…)。かといってRTCを積むのもDigisparkのコンパクトさをスポイルしてしまう。
 なのでNTPサーバーで補正したPCから一定期間毎にDigisparkに指示を出し、そのタイミングで計測して測定値を返すことにした。
 また温度変化の大きい外気温を測定するとなると、この辺りでは冬季はマイナスに達するのでDHT11だと対応できない。
 Digisparkのハードウェアはそのままで、温度センサーにMCP9700を使うことにした。MCP9700は三端子でトランジスター同様の形状をしたアナログセンサーである。接続ケーブルは3本のまま利用できるが、アナログ値をデジタル変換する必要が出てくる。でもATTiny85にはADCを内蔵しているので、スケッチを書き換えてアナログ値を読んで温度に換算するように変更。
 サーバーにはLIVAを使う。OSはUbuntu 16.4 server。
Ubuntuサーバーで、Digisparkと通信し取得した値をファイルに書き出すrubyスクリプトを書き、cronによりこのスクリプトを5分間隔で実行する。
 またmuninプラグインを作成し、スクリプトの吐いたファイルを読み込んでmuninのグラフに表示させる。
c0026142_16505369.png
 muninプラグインからダイレクトにrubyスクリプトを呼び出して測定することも可能だが、DigisparkとのUSB通信に問題があったりしてタイムアウトに時間がかかったりするのを防ぐのと、USB温度計を取り付けるPCと記録するサーバーが別の場合でも対応できるように、測定値は一旦ファイルを経由することにした。
 その場合はサーバー側でWEB APIを作り、rubyスクリプトの方はファイルではなくhttpでAPIを使って測定値を渡すようにすれば対応できる。
 センサーで読んだ値が少し上下するので、一回の動作で5回計測し平均値を使うようにし、測定時のLEDのON/OFFを止めたらかなりマシになった。


[PR]
by f_s_x | 2017-12-17 16:54 | コンピューター | Comments(0)

USB温度計を作る(2)

 前回Digisparkを使って温度計を作る途中で、センサーの動作確認のために
Arduno Nano (互換機)で試してみた。
 もちろんこれでもUSB温度計の機能を果たす(実際はシリアル通信となる)のだが、Arduno Nanoで温度を読むだけではもったいない!
 液晶モジュールでも付けて計測値を表示でもさせたら良さそう。
そこで、小型の液晶を探していると、OLEDモジュールを見つけた。
これは超小型の有機ELディスプレイで、128×32ピクセルのグラフィックを表示することができる。
ネットで情報を検索すると、ほとんど128×64のタイプの例ばっかりだが、同じSSD1306コントローラーを使用しているため、画像サイズ以外は同じに扱える。
それに、Nanoに合わせて細長く、コンパクトさを損なわないのが良い。

 Arduno Nano互換機にはピンヘッダーが付属していたが、確かにDIP配列でブレッドボードに使うのには基板にピンヘッダーを付けるのが便利だろう。でも単体で使用するし、Arduno系はやはりシールドを使えるようにピンソケットを半田付けした。(Nanoだと窮屈そうになってしまったが…)
c0026142_12464197.jpg
 ユニバーサル基板を切り出してピンヘッダーやセンサーのピンソケットを取り付ける。
また、OLEDモジュールはWEBに3~5Vと書いてあるが、コントローラーのデータシートには1.65 to 3.3Vとある!?
一応、I2Cレベルコンバーターを使うことにした。今回は秋月電子のI2Cバス用双方向電圧レベル変換モジュールを使用。



こんなのできました
[PR]
by f_s_x | 2017-12-10 00:00 | コンピューター | Comments(0)

大間々

c0026142_09090802.jpg
c0026142_09091145.jpg
c0026142_09091044.jpg



.
[PR]
by f_s_x | 2017-12-09 09:09 | 写真 | Comments(0)

モミジ

c0026142_10595796.jpg




.
[PR]
by f_s_x | 2017-12-02 23:59 | 動植物 | Comments(0)