おもしろいもの、いろいろ
by f_s_x
カテゴリ
全体
写真
カメラ・レンズ
赤外写真
デジタル画像
コンピューター
電気・電子



天文
ダム
橋・水門

狛犬・稲荷・盃状穴
動植物
廃キング
その他
未分類
リンク
お気に入りブログ
風景のある生活
USS.SHONAN
flarist
日々是平凡(or あれも...
真四角の窓から見た世界
カルイオモイ ~phot...
coolys creek...
ひょうたん*カメラ。
バシャコン!アルバム
M k Cool Pic...
日々思うこと~幸せの部品
空っぽの時間
光と共に… Это мо...
ブリキの箱
In The Soup
まぁいいか、とものぐさの日々
Paper crip
答えの無い写真
ふろどうらく
All those......
まぁいいか、とものぐさの...
明暮日の茶ばしら
もやっと&ノラ
視神経的写真術
14番目の月
最新のコメント
どうもです~。 アスフ..
by f_s_x at 19:04
すごい ニョキニョキです..
by afuroyan at 08:22
少し薄雲がありましたが、..
by FSX at 20:12
今回は皆既時間が長ったで..
by afuroyan at 12:48
今年もよろしくお願いしま..
by FSX at 20:29
大小にかかわらず、シルエ..
by afuroyan at 12:18
体や尻尾に縞模様を表す彫..
by f_s_x at 12:24
ナルホド・・・どう見ても..
by afuroyan at 19:08
パワー素子以外、表面実装..
by f_s_x at 09:42
三端子、サーマルパットを..
by afuroyan at 23:23
最新のトラックバック
ミルフィーユ・カラコ
from coolys creek
belomo/belomo
from なるほどキーワード
belomo/belomo
from なるほどキーワード
21世紀星空早見ガイド―..
from 双眼鏡のニコンとケンコーとビ..
鎌倉で赤外撮影
from 赤外線の彩り~α100で赤外..
慶びの日
from 日々思うこと~幸せの部品
After the ty..
from カルイオモイ ~photog..
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


蝉の渓谷

c0026142_18072207.jpg




.
[PR]
# by f_s_x | 2018-08-15 18:07 | 写真 | Comments(0)

ArduinoでATtiny13開発

 純正のAVR開発環境であるAtmelStudioを使ったATtiny13の開発を紹介したが、実はArduino IDEを使って簡単に開発する方法もある。
 Arduino IDEにbitDuino13をインストール(ATtiny13の場合)。設定が終わればメニューのツール→ボードで「ATtiny13(bitDuino13)」が選択できるようになる。そしてデフォルトの状態ならツール→Clockで「1.2MHz(Internal)」を選択。
 ATtiny13チップへの書き込みにはArduino及び互換機が必要で、ブレッドボード等を使って結線する必要がある。
 たまに使うのにその度にブレッドボードに配線するのも面倒なので、Aitendoの「ATTiny ISPシールドきっと [K-TINY-SLD]」を使うと非常に便利である。
c0026142_15112631.jpg
 ツール→書き込み装置で「Arduino as ISP」を選択し、書き込みボタンでATtiny13に書き込む事ができる。

 書き込み用のArduino as ISPには、状態を示す3つのLED出力機能が実装されている。それぞれ、Heartbeat(正常稼働), Error(書き込みエラー), Programming(書き込み中)がポートの15(PB0),14(PB0),13(PD7)にアサインされている。
 ただ、ATTiny ISPシールドきっとで残念なのは、15(PB0),14(PB0)のピンには繋がっていないという事。それでも15(PB0)だけは繋げる事ができるので、抵抗とHeartbeat表示用のLEDを実装してみた。LEDがゆっくり点滅するので、Arduino as ISPが稼動している事がひと目で解かるので便利である。しかし、何度もチップを付け外す事を考えて丸ピンICソケットに変えてみたが、差しにくいのでやはりゼロプレッシャーソケットを使ってLEDも実装したシールドを自作しようかな...。



.
[PR]
# by f_s_x | 2018-07-29 15:25 | コンピューター | Comments(0)

菅原神社@群馬県みどり市大間々町

c0026142_09395070.jpg
c0026142_09395508.jpg




.
[PR]
# by f_s_x | 2018-07-23 00:00 | 狛犬・稲荷・盃状穴 | Comments(0)

連日猛暑

c0026142_09343342.png





.
[PR]
# by f_s_x | 2018-07-22 09:35 | その他 | Comments(0)

赤城神社@十二山

c0026142_23262512.jpg
c0026142_23263452.jpg
c0026142_23263159.jpg
c0026142_23263789.jpg





.


[PR]
# by f_s_x | 2018-07-14 23:27 | 狛犬・稲荷・盃状穴 | Comments(0)

MiniPRO TL866CS で ATtiny13A に書き込む

c0026142_12231524.jpg

1.MiniPRO TL866CS を接続し、MiniPro Programmer を起動する。
2.Select IC で ATTINY13A を選択する。
3.メニューの File → Open で.hexファイルを開く。
c0026142_12231370.png

4.File Load Option ダイアログで、INTEL HEX、Code Memory を選択しOKボタンを押す。
5.メニューの Device → Program(P) または [P] アイコンで書き込みを行う。



.
[PR]
# by f_s_x | 2018-06-23 12:47 | コンピューター | Comments(0)

Atmel StudioでATtiny13の開発

1.AtmelStudioを起動
c0026142_13115156.png
2.メニューのFile→New→Project...を選択
c0026142_13115571.png
3.New Project画面で、 InstalledでC/C++を選択し、「GCC C Executable Project」を選択する。(Cの場合)
アセンブラの場合はInstalledでAssemblerを選択し、「AVR Assembler Project」を選択。
画面下部のName:にプロジェクト名を入力しOKボタンを押す。


4.Device Selection画面で「ATtiny13A」を選択し、OKボタンを押す。(ATtiny13Aの場合)
c0026142_13115926.png
5.「main.c」にCソースを書き込む。
Arduinoスケッチとは違い、main関数に処理を記述する。

c0026142_13120405.png

6.メニューのBuild→Build Solution を選択するとコンパイルを実行し、
 プロジェクトフォルダ内のDebugフォルダに各種ファイルが生成される。


7.生成されたファイルの.hexファイルをマイコンに書き込む。



.
[PR]
# by f_s_x | 2018-06-17 13:51 | コンピューター | Comments(0)

旧下谷小学校

c0026142_09432627.jpg




.
[PR]
# by f_s_x | 2018-06-16 09:43 | 廃キング | Comments(0)