おもしろいもの、いろいろ
by f_s_x
日めくりカレンダー
カテゴリ
全体
写真
カメラ・レンズ
赤外写真
デジタル画像
コンピューター
電気・電子



天文
ダム
橋・水門

狛犬・稲荷・盃状穴
動植物
廃キング
その他
未分類
リンク
お気に入りブログ
風景のある生活
USS.SHONAN
flarist
日々是平凡(or あれも...
真四角の窓から見た世界
カルイオモイ ~phot...
coolys creek...
ひょうたん*カメラ。
バシャコン!アルバム
M k Cool Pic...
日々思うこと~幸せの部品
空っぽの時間
光と共に… Это мо...
ブリキの箱
In The Soup
まぁいいか、とものぐさの日々
Paper crip
答えの無い写真
ふろどうらく
All those......
まぁいいか、とものぐさの...
明暮日の茶ばしら
もやっと&ノラ
視神経的写真術
14番目の月
最新のコメント
また、難しいのを持って(..
by afuroyan at 11:40
ACアダプターは熱くなり..
by f_s_x at 10:32
家のは旧態依然とした80..
by あり at 02:11
ちょっと削って、あやかり..
by afuroyan at 20:58
そう、このモデルは売り切..
by FSX at 20:39
あれ?回路図を見に行った..
by afuroyan at 12:00
このキットは小さいので放..
by FSX at 09:01
>本来、このキットは音声..
by afuroyan at 21:06
自然の物なのか人為的な物..
by f_s_x at 11:55
そう。良く階段に有るらし..
by afuroyan at 22:59
最新のトラックバック
ミルフィーユ・カラコ
from coolys creek
belomo/belomo
from なるほどキーワード
belomo/belomo
from なるほどキーワード
21世紀星空早見ガイド―..
from 双眼鏡のニコンとケンコーとビ..
鎌倉で赤外撮影
from 赤外線の彩り~α100で赤外..
慶びの日
from 日々思うこと~幸せの部品
After the ty..
from カルイオモイ ~photog..
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Arduino NANO 互換機

c0026142_1083120.jpg

c0026142_105527.jpg

激安のArduino NANO 互換機

CPUはATmega328P AU
5V動作
ピンヘッダー付属
LEDは全て赤色

裏面にはUSBシリアル変換用でおなじみのCH340が実装されている。

ブートローダー及びLED点滅のスケッチが予め書き込まれているので、
電源を入れるだけで動作確認できる。


CPU       ATmega328P-AU (8bit)
クロック    16MHz
メモリー    SRAM 2KByte, EEPROM 1KByte
        Flash Memory 32KByte
I/F       Mini USB
        Digital I/O 14pin
        Analog I/O 8pin
        PWM Output 6pin
サイズ     18mm × 45mm 7g
電源      5V DC (Mini USB)
        7 ~ 12V DC (Vin)

.
[PR]
by f_s_x | 2017-04-30 00:00 | コンピューター | Comments(0)

春の草花

c0026142_9452679.jpg
フデリンドウ

c0026142_9455399.jpg
スミレ


.
[PR]
by f_s_x | 2017-04-29 10:45 | 動植物 | Comments(0)

盃状穴

c0026142_19521624.jpg
神社の参道の階段にあった。
アリジゴクタイプ。


.
[PR]
by f_s_x | 2017-04-24 00:00 | 狛犬・稲荷・盃状穴 | Comments(2)

ブートローダー書き込み

Arduino互換機の「びんぼうでいいの(S)」にブートローダーを書き込む。

まず、書き込み対象とは別の既にブートローダー書き込み済みのArduinoを用意する(もちろんびんぼうでいいのでもOK)。
PCにUSBで接続する。
Arduino IDE(1.6で確認)を起動。
メニュー「ファイル」→「スケッチの例」→「ArduinoISP」→「ArduinoISP」を選択し書き込む。
USB接続を外す。

次に、このArduinoISPを書き込んだArduinoと書き込み対象のArduinoを、ジャンパーケーブルで接続する。
結線は以下のとおり。

ArduinoISP側 -- 書き込み対象
DIGITAL13 -- DIGITAL13
DIGITAL12 -- DIGITAL12
DIGITAL11 -- DIGITAL11
DIGITAL10 -- RESET
5V -- 5V
GND -- GND

c0026142_11443665.jpg

ArduinoISP側とPCをUSBで接続する。
Arduino IDEのメニュー「ツール」→「書込装置」→「Arduino as ISP」を選択。
メニュー「ツール」→「ブートローダを書き込む」を実行。
これでブートローダ書き込み完了。書き込み対象だったArduinoを単独でPCに接続し、Arduino IDEでBlinkとかを試して動作確認。このとき、「ツール」→「書込装置」を「AVRISP mkII」に戻しておくのを忘れずに!


.
[PR]
by f_s_x | 2017-04-23 12:00 | コンピューター | Comments(0)

電池ステーションキット

 aitendoで「電池ステーションキット」というのを見つけた。
使い古しのまだ電圧の残っている電池を再利用するものらしい。
 よく見ないで買ってきたら、単三電池×6本のバージョンの[K-BATSTA2Y]のつもりが、006P×4本の方[K-BATSTA2J]を買ってしまった。006Pはそれほど多く使わないし…と思ったが、基板を良く見ると共通で、単三電池×6本の電池BOXと取り替えれば良い事に気付いた。
 だが006P電池BOXが余ってしまう。さらによくよく見れば、006P×4本のまま作成して基盤の裏側に単三×6本電池BOXを取り付ければ全て収まりそうだ!006Pと単三×6の電池BOXは強力両面テープで貼り付けた。
c0026142_170504.jpg

 このキットは各電池からの出力、電圧計や外部出力もすべてピンヘッダーになっている。けどジャンパーケーブルは付属していない!接続には電源とグランドをショートさせないように注意が必要。
 回路構成は、各種の電池を直列に繋ぎ、それをレギュレータを介して一定電圧を出力できるという仕組み。
006P、CR2032は1~4つのどの接続からも出力可能だが、単三は6本直列のみ。
 想像してたのとちょっと違った。各電池を並列に繋いでDC-DCコンバータで任意の電圧に昇圧して出力するような造りだったら良かったのに。(自分で作るか…)


.
[PR]
by f_s_x | 2017-04-17 00:00 | 電気・電子 | Comments(2)

和紙の里ひがしちちぶ

c0026142_16492192.jpg

c0026142_16492977.jpg



.
[PR]
by f_s_x | 2017-04-16 16:49 | 写真 | Comments(0)

c0026142_9273717.jpg

c0026142_92746100.jpg

c0026142_927566.jpg



.
[PR]
by f_s_x | 2017-04-08 23:59 | 写真 | Comments(0)

エドヒガンザクラ

c0026142_18334449.jpg



.
[PR]
by f_s_x | 2017-04-02 18:33 | 動植物 | Comments(0)