おもしろいもの、いろいろ
by f_s_x
日めくりカレンダー
カテゴリ
全体
写真
カメラ・レンズ
赤外写真
デジタル画像
コンピューター
電気・電子



天文
ダム
橋・水門

狛犬・稲荷・盃状穴
動植物
廃キング
その他
未分類
リンク
お気に入りブログ
風景のある生活
USS.SHONAN
flarist
日々是平凡(or あれも...
真四角の窓から見た世界
カルイオモイ ~phot...
coolys creek...
ひょうたん*カメラ。
バシャコン!アルバム
M k Cool Pic...
日々思うこと~幸せの部品
空っぽの時間
光と共に… Это мо...
ブリキの箱
In The Soup
まぁいいか、とものぐさの日々
Paper crip
答えの無い写真
ふろどうらく
All those......
まぁいいか、とものぐさの...
明暮日の茶ばしら
もやっと&ノラ
視神経的写真術
14番目の月
最新のコメント
どうもです~。 186..
by f_s_x at 17:08
また、難しいのを持って(..
by afuroyan at 11:40
ACアダプターは熱くなり..
by f_s_x at 10:32
家のは旧態依然とした80..
by あり at 02:11
ちょっと削って、あやかり..
by afuroyan at 20:58
そう、このモデルは売り切..
by FSX at 20:39
あれ?回路図を見に行った..
by afuroyan at 12:00
このキットは小さいので放..
by FSX at 09:01
>本来、このキットは音声..
by afuroyan at 21:06
自然の物なのか人為的な物..
by f_s_x at 11:55
最新のトラックバック
ミルフィーユ・カラコ
from coolys creek
belomo/belomo
from なるほどキーワード
belomo/belomo
from なるほどキーワード
21世紀星空早見ガイド―..
from 双眼鏡のニコンとケンコーとビ..
鎌倉で赤外撮影
from 赤外線の彩り~α100で赤外..
慶びの日
from 日々思うこと~幸せの部品
After the ty..
from カルイオモイ ~photog..
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

F537IR 改造 試写 その2

次にカラーモードで各種ホワイトバランスを試してみた。

オート
c0026142_20233476.jpg


太陽光
c0026142_20241555.jpg


曇り
c0026142_20245632.jpg


蛍光灯
c0026142_2025770.jpg


白熱灯
c0026142_20251733.jpg


赤外モード (IR 80)
c0026142_20254375.jpg


カラーモード(IRカットフィルター除去 + IR 80)
c0026142_20265231.jpg

[PR]
by f_s_x | 2012-09-30 00:00 | 赤外写真 | Comments(0)

F537IR 改造 試写

という訳で、撮ってみた。
まず、無改造と同じ条件で赤外モード(フィルター無し)
c0026142_20124639.jpg


赤外モードで、赤外フィルター(FUJIFILM IR 80)使用
c0026142_2014749.jpg
ぐっと赤外写真っぽくなった!
可視光線を通さない赤外フィルターでも、全くスローシャッターにならない。

そしてカラーモード(IRカットフィルター除去)
c0026142_20154110.jpg
おお、面白い!
COOLPIX950+SC72 とはまた違った色合いになる。

この改造F537IRは、通常のカラー撮影は、IRカットフィルターを装着しないとできないが、
赤外専用機として遊べそう。

モード切り替えみたいに簡単に赤外フィルター有無切替ができると最高なのだけど…。
[PR]
by f_s_x | 2012-09-29 20:00 | 赤外写真 | Comments(0)

YASHICA EZ Digital F537IR 改造

 簡単に赤外撮影できるトイデジのF537IRだが、その画質はというとかなりしょぼい(泣)。
 通常のカラー撮影では、日陰等では色が悪い。昔々のデジカメの様。解像度も低い(130万画素レベル位)
 肝心の赤外画像も、せっかくIRカットフィルターが外れるのに、あまり赤外っぽくない。
これは可視光線まで含めてしまうためだろう。

c0026142_1323398.jpg
カラー
c0026142_1323527.jpg
赤外

 買って数回使ったきりで仕舞い込んでいたが、改造すればもっとマシに使えるのではと思い、
早速分解!

 本体側面と底面の計6本のネジ(1本長さが短い)を外し、底側からゆっくりと持ち上げて
上部の爪を外す。この時、赤外モードとマクロモードにしておくと接点金具と干渉しない。
c0026142_1327311.jpg


 レンズ周りにある赤外LEDも、赤外撮影時には点灯しっぱなしになるので、邪魔なので外してしまう。
LED基板の3箇所のネジを外し基板を持ち上げると外れる。
c0026142_13292386.jpg


 そして可動式のIRカットフィルターだが、これを取り外すことでカラーモードで赤外カラー撮影が可能となるようだ。
 ほんとはこの切替機構を利用して、カラー時にはフィルター無し,赤外時には可視光カットIRフィルターとなるようにできたら良いと考えたが、無理なので諦めてIRカットフィルターを外すだけとする。
赤外モードでIRフィルターが必要な時は、外部にフィルターを取り付けるか…。

 元通りに組み上げて試写と行きたいところだが、生憎の雨の為、また今度!
[PR]
by f_s_x | 2012-09-23 13:36 | カメラ・レンズ | Comments(2)

c0026142_13564338.jpg


c0026142_13565751.jpg

[PR]
by f_s_x | 2012-09-16 13:57 | | Comments(2)

PENTAX Papilio 6.5×21

c0026142_9361658.jpg

 何の変哲もない小型双眼鏡(タンクロータイプ)だが、この機種は非情に珍しく近距離に対応した双眼鏡で、50cmまでの近距離まで見ることができる。
 カメラのズームレンズでも、マクロ機能がおまけに付いたレンズはよく有るし、単に焦点合わせの繰り出し量を大きくすれば簡単なのでは?と思うかもしれない。
 だが、双眼鏡ではそう簡単にはいかない。通常両目で見るために左右の光軸は平行に固定されている。近くを見るためには左右の視差が問題になるため、普通の双眼鏡では数m程度までしか寄れない。
 このPapilioは「ピント連動対物レンズ位置補正機構」を採用している。つまり近くを見るほど寄り目になるのである!!
 近距離を双眼で見る世界はまた新鮮で面白い!
[PR]
by f_s_x | 2012-09-08 09:59 | カメラ・レンズ | Comments(3)

花火

c0026142_0184566.jpg

c0026142_0185373.jpg

[PR]
by f_s_x | 2012-09-01 00:18 | 写真 | Comments(0)