おもしろいもの、いろいろ
by f_s_x
日めくりカレンダー
カテゴリ
全体
写真
カメラ・レンズ
赤外写真
デジタル画像
コンピューター
電気・電子



天文
ダム
橋・水門

狛犬・稲荷・盃状穴
動植物
廃キング
その他
未分類
リンク
お気に入りブログ
風景のある生活
USS.SHONAN
flarist
日々是平凡(or あれも...
真四角の窓から見た世界
カルイオモイ ~phot...
coolys creek...
ひょうたん*カメラ。
バシャコン!アルバム
M k Cool Pic...
日々思うこと~幸せの部品
空っぽの時間
光と共に… Это мо...
ブリキの箱
In The Soup
まぁいいか、とものぐさの日々
Paper crip
答えの無い写真
ふろどうらく
All those......
まぁいいか、とものぐさの...
明暮日の茶ばしら
もやっと&ノラ
視神経的写真術
14番目の月
最新のコメント
また、難しいのを持って(..
by afuroyan at 11:40
ACアダプターは熱くなり..
by f_s_x at 10:32
家のは旧態依然とした80..
by あり at 02:11
ちょっと削って、あやかり..
by afuroyan at 20:58
そう、このモデルは売り切..
by FSX at 20:39
あれ?回路図を見に行った..
by afuroyan at 12:00
このキットは小さいので放..
by FSX at 09:01
>本来、このキットは音声..
by afuroyan at 21:06
自然の物なのか人為的な物..
by f_s_x at 11:55
そう。良く階段に有るらし..
by afuroyan at 22:59
最新のトラックバック
ミルフィーユ・カラコ
from coolys creek
belomo/belomo
from なるほどキーワード
belomo/belomo
from なるほどキーワード
21世紀星空早見ガイド―..
from 双眼鏡のニコンとケンコーとビ..
鎌倉で赤外撮影
from 赤外線の彩り~α100で赤外..
慶びの日
from 日々思うこと~幸せの部品
After the ty..
from カルイオモイ ~photog..
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古民家

c0026142_2131229.jpg

c0026142_21313152.jpg
OLYMPUS 35DC, F.ZUIKO 40mm F1.7, Kodachrome200
[PR]
by f_s_x | 2007-12-03 21:31 | 写真 | Comments(4)
Commented by 墓場の蟻 at 2007-12-05 00:19 x
向こうで書こうとも思ったんですけど、花と葉、グラウンドカバーの緑の微妙な色合いがすごくいいです。35DCはプログラムEEでしたっけ?SPやDCは今でも人気ありますし、よく写りますねー。私もRCで時々ポジ使ったりしますが、極端なことをしなければ案外行ける。
Commented by FSX at 2007-12-05 01:17 x
ありがとうございます。
35DCはプログラムオートのみです。
この頃のレンズは大口径競争で明るく良い写りですが、
マニュアルで使えないのはちょっと歯がゆいですね~。
Commented by 墓場の蟻 at 2007-12-06 00:40 x
確かにマニュアル撮影が苦にならない人にはそう感じるのでしょう。技も繰り出しにくいし。あのレンズで、EEマニュアル両方となると高価なものになってしまうのでしょうか。ある程度ファミリーカメラの範疇で設計しているはずなので、そこそこの値段でないととかね。しかしこのフィルムもう無いんですね…。KodakのHPみたら、エリートなんとかいうのになってる。変な名前。でも富士のも変な名前だ。富士クロームでいいいじゃん(笑)。
Commented by FSX at 2007-12-06 23:23 x
当時はEEが高級で売りだったのでしょうね。35DCと同じレンズで
マニュアル可能な35RDとういのがありましたが、輸出用でほとんど
見かけません。(あっても人気で今ではやたら高価です…)

現在唯一の外式リバーサルのコダクロームも終了し、現像も国内では
12月20日で終了とのことで、たくさん持っていた方から使い切れないと
いただいたものです。この黒の締りと独特の発色がもう味わえなくなって
しまいます。
<< 夕暮れ 陽光 >>