おもしろいもの、いろいろ
by f_s_x
日めくりカレンダー
カテゴリ
全体
写真
カメラ・レンズ
赤外写真
デジタル画像
コンピューター
電気・電子



天文
ダム
橋・水門

狛犬・稲荷・盃状穴
動植物
廃キング
その他
未分類
リンク
お気に入りブログ
風景のある生活
USS.SHONAN
flarist
日々是平凡(or あれも...
真四角の窓から見た世界
カルイオモイ ~phot...
coolys creek...
ひょうたん*カメラ。
バシャコン!アルバム
M k Cool Pic...
日々思うこと~幸せの部品
空っぽの時間
光と共に… Это мо...
ブリキの箱
In The Soup
まぁいいか、とものぐさの日々
Paper crip
答えの無い写真
ふろどうらく
All those......
まぁいいか、とものぐさの...
明暮日の茶ばしら
もやっと&ノラ
視神経的写真術
14番目の月
最新のコメント
この時は150反射の方は..
by f_s_x at 10:33
公共天文台は三鷹光器のカ..
by afuroyan at 20:50
どうもです~。 186..
by f_s_x at 17:08
また、難しいのを持って(..
by afuroyan at 11:40
ACアダプターは熱くなり..
by f_s_x at 10:32
家のは旧態依然とした80..
by あり at 02:11
ちょっと削って、あやかり..
by afuroyan at 20:58
そう、このモデルは売り切..
by FSX at 20:39
あれ?回路図を見に行った..
by afuroyan at 12:00
このキットは小さいので放..
by FSX at 09:01
最新のトラックバック
ミルフィーユ・カラコ
from coolys creek
belomo/belomo
from なるほどキーワード
belomo/belomo
from なるほどキーワード
21世紀星空早見ガイド―..
from 双眼鏡のニコンとケンコーとビ..
鎌倉で赤外撮影
from 赤外線の彩り~α100で赤外..
慶びの日
from 日々思うこと~幸せの部品
After the ty..
from カルイオモイ ~photog..
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


YASHICA EZ Digital F537IR 改造

 簡単に赤外撮影できるトイデジのF537IRだが、その画質はというとかなりしょぼい(泣)。
 通常のカラー撮影では、日陰等では色が悪い。昔々のデジカメの様。解像度も低い(130万画素レベル位)
 肝心の赤外画像も、せっかくIRカットフィルターが外れるのに、あまり赤外っぽくない。
これは可視光線まで含めてしまうためだろう。

c0026142_1323398.jpg
カラー
c0026142_1323527.jpg
赤外

 買って数回使ったきりで仕舞い込んでいたが、改造すればもっとマシに使えるのではと思い、
早速分解!

 本体側面と底面の計6本のネジ(1本長さが短い)を外し、底側からゆっくりと持ち上げて
上部の爪を外す。この時、赤外モードとマクロモードにしておくと接点金具と干渉しない。
c0026142_1327311.jpg


 レンズ周りにある赤外LEDも、赤外撮影時には点灯しっぱなしになるので、邪魔なので外してしまう。
LED基板の3箇所のネジを外し基板を持ち上げると外れる。
c0026142_13292386.jpg


 そして可動式のIRカットフィルターだが、これを取り外すことでカラーモードで赤外カラー撮影が可能となるようだ。
 ほんとはこの切替機構を利用して、カラー時にはフィルター無し,赤外時には可視光カットIRフィルターとなるようにできたら良いと考えたが、無理なので諦めてIRカットフィルターを外すだけとする。
赤外モードでIRフィルターが必要な時は、外部にフィルターを取り付けるか…。

 元通りに組み上げて試写と行きたいところだが、生憎の雨の為、また今度!
[PR]
by f_s_x | 2012-09-23 13:36 | カメラ・レンズ | Comments(2)
Commented by afuroyan at 2012-09-26 23:25
IRはさておき、フラッシュのケミコンてやっぱり怖いですね。
Commented by FSX at 2012-09-29 20:36 x
そうですね~小型コンデジ筐体内でもこれだけの場所をとってますね。
<< F537IR 改造 試写 雲 >>