おもしろいもの、いろいろ
by f_s_x
日めくりカレンダー
カテゴリ
全体
写真
カメラ・レンズ
赤外写真
デジタル画像
コンピューター
電気・電子



天文
ダム
橋・水門

狛犬・稲荷
動植物
廃キング
その他
未分類
リンク
お気に入りブログ
風景のある生活
USS.SHONAN
flarist
日々是平凡(or あれも...
真四角の窓から見た世界
カルイオモイ ~phot...
coolys creek...
ひょうたん*カメラ。
バシャコン!アルバム
M k Cool Pic...
日々思うこと~幸せの部品
空っぽの時間
光と共に… Это мо...
ブリキの箱
In The Soup
まぁいいか、とものぐさの日々
Paper crip
答えの無い写真
ふろどうらく
All those......
まぁいいか、とものぐさの...
明暮日の茶ばしら
もやっと&ノラ
視神経的写真術
14番目の月
最新のコメント
aitendoには面白い..
by f_s_x at 12:01
最近はこんなのまでキット..
by afuroyan at 22:31
最近増えてるようです。
by f_s_x at 10:43
おお 出ましたね
by あり at 12:02
今年もよろしくお願いしま..
by FSX at 23:15
ぎょしゃ座からオリオン座..
by あり at 19:00
FSXさん、本年もどうぞ..
by aku_beeno at 18:00
欲しかったサーモカメラが..
by f_s_x at 10:11
こんな時代になったとは!..
by afuroyan at 20:08
どもども。 浅草もどん..
by f_s_x at 10:12
最新のトラックバック
ミルフィーユ・カラコ
from coolys creek
belomo/belomo
from なるほどキーワード
belomo/belomo
from なるほどキーワード
21世紀星空早見ガイド―..
from 双眼鏡のニコンとケンコーとビ..
鎌倉で赤外撮影
from 赤外線の彩り~α100で赤外..
慶びの日
from 日々思うこと~幸せの部品
After the ty..
from カルイオモイ ~photog..
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


HDR

High Dynamic Rangeを試してみた。
c0026142_22121767.jpg

露出を変えて撮影した3枚の画像から合成。
c0026142_2213246.jpg
D40, DX18-55mmGII, ISO200 F8 1/125s, 1/250s, 1/500s
ソフトウェアは、Enfuse GUIを使用。
パラメータはそのまま。
[PR]
by f_s_x | 2008-10-31 00:00 | デジタル画像 | Comments(6)
Commented by vasolza at 2008-10-31 07:31 x
これはまた面白いソフトですね~
市販ソフト?フリーソフト?
Commented by あり at 2008-10-31 14:47 x
月のかけぎわとハイライトは輝度の差が大きくて、段階露光を重ねてフラットにすると均一になるという手法を使う人がいますね。真似してみたけどだめですた(笑)。
Commented by coolys1 at 2008-10-31 17:46 x
自分の物件の竣工写真(主に店舗)は色々露出で悩むより
この方法でやった方が速いんです。

しかしAPS-Cでは
やはり大判のネガのデータには遠く及びませんでした。
というか65ミリくらいの広角の絵って素晴らしいなぁと。

茂木、どうぞ楽しんできてください。 撃ちまくり〜〜
(私は今年は行けないのです  グスン)
Commented by soave at 2008-10-31 20:01 x
何気に穏やかな階調があっていいですね!
Commented by FSX at 2008-10-31 20:37 x
Enfuseはオープンソースのフリーウェアです。
Win版: ttp://software.bergmark.com/enfuseGUI/
MacOSX版(XFuse): ttp://www.kekus.com/for_reg_users/
ただ、Enfuse自体はコマンドラインから操作するソフトウェアで、Enfuse GUIや
XFuseがインターフェースを持ったフロントエンドです。
色々パラメータもあるようですが、まだ解明してません…。

↓この論文を元に作られていて、非常に自然な仕上がりになるのが特徴です。
ttp://research.edm.uhasselt.be/~tmertens/papers/exposure_fusion_reduced.pdf

Enfuseはパノラマ合成ソフトの「Hugin」にも組み込まれています。
太陽から日陰までが入り込むパノラマ向きなのでしょう。

HDRソフトは他にも「Photomatix」(Basic版はフリー)が有名ですが、
こちらの方が派手に生成されるようです。
Webを探すと、油絵調やソラリゼーション的なサイケなのまで沢山ありますが、
広いダイナミックレンジを収める方が本来のHDRの目的で自然な気がします。
Commented by FSX at 2008-10-31 20:38 x
天体でも似たような技が使われてますよね。
皆既日食のコロナの高輝度部分をマスクして構造を浮き上がらせてた例を見たことあります。


茂木、MF望遠レンズでぶっつけ本番で行ってきます。


生成画像は表示可能なダイナミックレンジを超えてますが、それを表示可能なJPEGに
落としてるので、かえって軟調に見えますね。
でも空の雲も飛んでないし、手前の日陰もつぶれていません。
<< 階段猫 オレンジ色 >>